中国式お見合い

  今年の2月5日は中国の春節です。近年来、この最大な国民の祝日に、キャリアを追求したい独身若者は、レンタル彼氏/彼女を雇って帰省し、親と親戚を安心されることもありまあいた。それは不思議でしょう?中国若者達は婚姻に対しどういう態度を持っていますか?今日、東京池袋公園に近くの中国語教室―Only語学塾は皆さんに「中国若者の婚活(中国語:中国式相亲)」を紹介させていただきます。

  大都市で働く若者は、仕事が常に忙しくて、仕事場以外の異性との接する機会が少ないです。でも伝統的な中国社会は「成家立业(結婚し家を構えて、成業を積む)」という観念が深い、卒業して仕事が出来たら、両親は子供が早めに家族を築いてほしいです。とくに、30歳を過ぎた独身女性は「剩女(意味:負け犬(結婚適齢期に達しているにもかかわらず結婚していない女性)」と呼ばれ、社会からひどい目に受けました。

  この時、結婚サイトが急増し、「中国式相亲」も出場した。普通の「相亲」は独身な男性と女性のお見合いですが、「中国式相亲」の特徴として独身者の代わりに、両親は子女の個人情報を持って、婚活に参加し行きます。つまり、相手の両親の要求を満たさなければならないです。

  昨年、「中国式相亲」という番組もネットで大話題になりました。参加者はほぼ両親を連れて、結婚を前提として理想な相手を探しています。しかし、もし相手に対して、両親が気に食わないならば、男女がお互いに気に入っても無理です。この現象について、ネットでいろんな争議を引き起こしてしまいました。

  もし皆さんはこの番組に興味があれば、下のリンクをクリックしてご観賞してください。

  最近、Weiboである女性は自分のお見合い経験をシェアしました。お見合いの中、男性がレストランのトイレに行ったきり、長い間に帰って来なかったから、女性はこの男性がこっそりと逃げたと思いました。この時、女性はちょうど高校時代のクラスメイト(男)をぶつかりました。二人は雑談するうちに、あの男性が帰りました。彼は三秒ほど呆然として、「って、ぼくは帰ってお知らせを待つこと?」と呟きました。

  なんか、お見合いは面接と似ってますね。最近、80後(1980年代生まれの若者)だけではなく、90後も婚活に参戦し始めました。結婚難は今中国で深刻な社会問題になりました。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語