広場舞

 世界中に踊りの形がたくさんあります、ワルツ、フラダンス、バレエ、タンゴ、ラテンダンス、タップ・ダンス、ジャズダンスなど、数え切れません。近年、中国にある新しい舞踊を現れた、皆さん「広場舞」を聞いたことがありますか。その名前通り、「広場舞」は踊りの形から命名ではなく、最初は人々が広場で音楽に従って踊ることによって名付けました。今日、東京池袋公園に近くの中国語教室―Only語学塾は皆さんに「中国の広場舞」を紹介させていただきます。

 最初、「広場舞」を参加する人は大体退職後に何かをしたい、時間をつぶしたい人です。今、子どもと青年たちもこのグループにどんどん参加してきました。多くの市民は自発的に「広場舞」の活動を行い、設備を自払い購入し、彼らのサウンド、レーザーライトなどの設備がすべてそろっています。正式な会場がありませんが、常に公園や広場などの公共エリアに集まっていますが、広場の大きさに応じて、「広場舞」を参加する人は十数名から100名以上まで幅広い人数があります。中国語には「心有多大,舞台就有多大(舞台の広さが心の広さによって決める)。」という話がありますが、それはそういうことですね。

 「広場舞」は踊りの形にこだわらず、参加する市民がますます増えいき、多くの人はネットでダンス動画を見ながら振り付けを自学しており、舞踊のコツを把握したら、すぐほかのメンバーに授けてあげます。皆さんは「広場舞」を楽しんだ時、名利を求められず完全に自己娯楽のためです。退職後に働いていない人たちにとっては、ダンスを学べるだけではなく、新しい友達もできて、人生の楽しさを再発見しました。そして、ダンスすることは脳に刺激を与えて、心も体も健康につながるんだそうですので、ぼんやりと日を過ごすよりこれは暇をつぶすベストチョイスだと思います。

 さて、「広場舞」に有名な中国語曲が三つを紹介させていただきます。「最炫民族風」―歌手:鳳凰伝奇、「月亮之上」―歌手:鳳凰伝奇、「小苹果」―歌手:筷子兄弟(お箸の中国語は筷子)です。Youtubeで曲名、あるいは「広場舞」をキーワードとして入力すると、すぐ観賞出来ます、ぜひ聞いてみてください。

 実は先日、夏祭りの時池袋西口公園で日本人の皆さんも「最炫民族風」に従って「広場舞」を踊りましたよ、具体的な原因を分からないですけど、ビデオからみると、皆さんは楽しかったなぁ。以下の動画をクリックして、一緒に池袋西口公園の現場に戻って、雰囲気を感じましょう!