月餅

 今年10月4日(陰暦八月十五)は中国の伝統祝日―中秋節。毎年のこの頃、中国人は必ず月餅を食べます。月餅は一家団らん(中国語で【一家团圆】という意味です)の象徴とされており、中国人は家族と故郷への愛情は全部月餅に注ぎ込んでいます。今日、東京池袋公園に近くの中国語教室―Only語学塾は皆さんに「月餅」を紹介させていただきます。

 中国の伝統的な月餅は四種類に分けられ、ご紹介いたします。

1、広式月餅

 広式月餅は現在一番人気な月餅です。広東省から始まり、今は中国全国でも有名な中秋節定番食品になりました。広式月餅は皮薄くて餡が大きいで、皮と餡の比率は2:8ですから、他の種類より、皮と餡の油脂含有量が多い、綿密な食感がたくさんの人々を引きつけました。有名な広式月餅の店舗は「莲香楼」、「陶陶居」、「广州酒家」、「大三元」などがあります。

2、京式月餅

 京式月餅この名前通り、北京と天津の周辺地区から広がっている。京式月餅の皮と餡の比率は2:3、豊富な味は京式月餅の特色です。広式月餅の柔らかい食感と違う、皮がパイシートと似って、クリスピーな食感があり、やはり食べ物は地元の人の性格と相応しいね。有名なのは老舗の「北京稻香村」の「自来紅月餅」、「自来白月餅」、「五仁月餅」があります。

3、蘇式月餅

 蘇式月餅の出身地は上海、江浙地区です。最初、蘇式月餅は蘇州のお菓子です。よく見られる餡は漉し餡、五仁や鮮肉などがあります。ほかの月餅より、一番甘いものと評価された。脂身があるわりには、油っこい感じはしない。近年、塩味の鮮肉月餅は一番人気なものですよね。旬により、カニ味噌を加えて新しい味も生み出せまして、すごく食べたいなぁ。

4、滇式月餅

 滇式月餅は雲南省特有の月餅です。今はほかの地方にもどんどん受けられました。滇式ハム(ハムの中国語:火腿)を採用して,皮がサクサクして、甘辛い味は滇式月餅の唯一の風味だ。

5、ほかの種類

 伝統的な月餅より、非伝統的な月餅は油脂と糖分の含有量は比較的に低い、健康に対してもっと良いです。それだけではなく、外形と食感上も、新しいアイディアをどんどん生み出した。

パティスリー月餅(中国語:法式月饼)

 パティスリー月餅は洋お菓子と中国月餅を合わせるものだ。チーズ、イチゴ、チェリーなどいろんな風味があります。食感は洋お菓子と似ってます。

アイス月餅(中国語:冰淇淋月饼)

 アイス月餅の皮が焼き上げてはない、冷蔵庫に数時間を置いて、そのままで食べでも美味しい。十月はまだ熱いなぁ、アイス月餅をいかがでしょうか。

果物月餅(中国語:果蔬月饼)

 その名前通り、果物月餅の餡は主に果物です。確かに健康に良いものですね。

 それら以外、ココナッツ月餅、茶月餅、シーフード月餅、チョコ月餅もありますよ、皆さんも食べたいの?池袋ルミネとパルコ、池袋駅北口の中華物産店にも月餅売っていますね、皆さんどんな月餅は一番好きですか。

 また、皆さんが中国文化に触れるように、我々東京池袋に所在する中国語教室では定期的にいろいろなイベントを企画しており、ご興味があれば、是非ともご参加ください!