11月11日って何の日?

 中国では、11月11日は、「独身の日」および「大セールの日」として、国民的なイベントとして定着している。中国語では「单身节」と言う。今日、中国語教室東京池袋校のOnly語学塾は皆さんに「中国の单身节」をテーマとして紹介させていただきます。

%e8%a1%a8%e7%99%bd-jpg

「独身の日」

 中国語で「光棍」は「樹皮を剥いて作られた棍棒」を意味し、これでは後世に樹木の子孫を残すことはできないことから転じて「独身者」を表す。数字の「1」は「光棍」の形に似っているから、11月11日は中国では「光棍節」(「独身の日」)と呼ばれる。「脱単」(独身から脱出する)のために、独身者同志が集まってパーティーを開いたり、合コンに参加したり、告白したり、さまざまの活動が行われる。

「大セールの日」

 11月11日は、中国では「双十一(ダブルイレブン)」と呼ばれるオンラインショッピングのお祭りである。2009年、中国の大手インターネットショップサイト「天猫(旧称:淘宝商城)」が“独身の日特別セール”として大安売りを始めたのがきっかけ。その後、他の大手ネットショップサイトだけでなく、大型家電販売店も大安売りをするようになった。それに、多くの店に制限時間付きの「超格安の目玉商品」を販売することがある。そういう商品を「秒殺」(欲しい商品が出た瞬間に買う)できるように、仕事を休んで家中のパソコンや携帯電話を同時に使って商品を買う人は少なくないという。ちなみに、今年は販売開始からわずか52秒で150億円を売り上げ、去年より20秒早いペースで記録を更新する。うちの中国語の先生もこの大セールの雰囲気を感じて、東京池袋においての西武に買い物に行きました。

%e5%a4%a9%e7%8c%ab-jpg

 「11月11日」は人に手」して「吃土する日だと言える。

 「吃土」を直訳すれば、「土を食べる」だが、土しか食べられない。ご飯を食べるお金がないほど買い物してしまう状況を自嘲する時に使われていた。手党」での「剁」は包丁で叩くように切る動作で、「剁手」は包丁で手を切る。「剁手党」は、ネットショッピングにはまっている人を指す。「剁手党」は色々と価格を比べたりして買い物する割には、必要のないものも買ってしまったりと、実は時間とお金の無駄遣いになっていることが多い。冷静に考えてみると、手を切りたいほど後悔するが、すぐに忘れて、また買い物に夢中になる。

%e5%90%83%e5%9c%9f-300x275 %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

 

 また、皆さんが中国文化に触れるように、我々東京池袋に所在する中国語教室では定期的にいろいろなイベントを企画しており、ご興味があれば、ぜひともご参加ください!