食欲の秋

 近来、東京は雨が降って寒くなり、秋の匂いが知らず知らずのうちに浮かんできた。今は小林一茶が「秋風や むしりたがりし 赤い花」と書いた季節だ。池袋にいる私たちも季節に応じて菊の中国の絵画を中国語教室に飾った。

 蒸し暑い夏から離れ、何でも優しくなるような秋で食欲も増えた。中国人には、何よりも幸せなのはおいしいものを食べることだ。暑くて何でも食べたくない夏から逃げた食欲の秋はたぶん中国人にとって最も幸せな季節である。しかし、中国が幅広くて、地域によって人気な食べ物も違っている。

1沿海

 沿海地域に住んでいる人はいつも東京と似っていて、あっさりやうまいのが好き、辛いのが無理だ。中国にはあることわざで「靠山吃山,靠水吃水」とは山の近くに住む者は山で暮らしを立て,川の近くに住む者は川で暮らしを立てる。秋になると、沿海地域の人にとってカニは最も人気な料理ダ。

 上海のまわり蘇州にある「阳澄湖大闸蟹」(中国語の読み方:yáng chéng hú dà zhá xiè 図1)が非常に有名だから、蘇州に行って、蟹を買ってお土産として友人に送る事も非常に多い。東京に蟹料理の作っている美味しいお店もたくさんあるが、中国のようないろいろな調味料を入れて味の濃いかにを作るのが少ない。日本の薄さと中国の重さはどちらでもおいしくて、蟹はどこでも想像できないほどおいしいお料理だ。

2山の中

 山に住んでいる人はいつも辛いものが大好きだ。季節に寄らずに、何かがあっても火鍋(中国語の読み方:huǒ guō 図2)や辛いものがもっとも人気である。

 中国の西、チベットの近くにいる四川省の火鍋は世界でも有名だ。東京や池袋に四川料理もたくさんある。四川に旅行したことのある私たち中国語教室の先生は四川火鍋の辛さに驚いた。ピーマンや花椒等、全部火鍋に入れ、最初は我慢できるが、20分経ったら火鍋は煮込むほど辛くなる。ところで、四川の生活リズムが非常に素敵と中国語教室の先生が言いました。

3秋の伝統祝日

 中国人には、中秋は「团圆」(中国語の読み方:tuán yuan 図3)などのいい夢を含めている。「团圆」と言うのは人々が家族と一緒にお祝いを過ごす気持ちだ。この時、必ず「月饼」(中国語の読み方:yuè bǐng)を食べる。「月饼」はいろいろな種類があって、最も古くて伝統的なのは「五仁月饼」(中国語の読み方:wǔ rén yuè bǐng)だが、「五仁月饼」を好んでいる人が少ない。「五仁月饼」を除いて、いろいろな味がある。例えば、冰糖月饼や莲蓉月饼や豆沙月饼等。もうすぐ中秋節だから、東京の皆さまは池袋の中華料理屋さんに行って、運があったら月餅と出会えるかもしれない。

 秋は食べ過ぎで太くなりやすい季節で、いろいろな食べ物に奪われたダイエットの決心は段々なくなって来た。この秋も、私たち中国語教室の先生と一緒に楽々に緩やかな毎日を過ごしよう。