漢字の歴史―その1

 中国語は漢字で構成されますので、漢字の形成は中国文化に対して非常に重要です。漢字の歴史ははるかに長いです。今までの発見に基づいて、最初に現れた漢字は甲骨文です。甲骨文字は3500年の歴史を持っていますが、それは漢字最初の姿とは言えません。最初に創造された漢字の年代は甲骨文字より早いと言われましたが、その時の漢字がまだ発見されないので、漢字の起源は今までも中国歴史のミステリーと見なされます。

 中国の伝説によると、漢字を創造者は「仓颉」です。仓颉は黄帝(「四皇五帝」の一人)の史官でした。史官は歴史編纂を司る役人であります。

 彼は重大な事件を記録する時、人の言葉を表す文字が未だなかったから、記録がなかなかできませんでした。ある日仓颉は狩りをする時、三叉路で弁論していた三人の老人に出くわしました。一人の老人は「東方面でカモシカがいる」と言って東へ行きたかったです。もう一人の老人は「北方面へ行くと、イルカを狩ることができる」と称しました。最後の老人は「西方面で二匹のトラがいる」と言って、どうしても西へいきたかったです。あの時仓颉は老人が言ったことの真実性についてちょっと疑いました。老人は「地面での足跡を見ればすぐ分かるだろう」と言いました。仓颉は急に会得しました!「足跡は動物の種類を代表できるなら…私も自分の符号を用いて記録したいことをできるようになる!」その後、仓颉はこの記録方法を普及しました。以上は漢字の起源に関する伝説です。

 当時、漢字の発明はまさに驚天動地な事でした。「淮南子本経」でこんなことを書いています。仓颉は漢字を創造する日に豪雨が降っていましたが、その原因は「漢字の誕生に対して鬼神は自分の尊厳が侵されたと思ったから、夜を徹して号泣しました。」だと言われています。しかし、これは鬼神を迷信する古人の噂に過ぎないため、証拠にならないです。確定できるのは仓颉が漢字の形成に貢献しましたことです。

 次は漢字の変化の過程について紹介します。今まで発見された文字のなかで最も早いのは甲骨文です。獣の骨に刻みを入れ、文字を記録したので、甲骨文と命名されました。甲骨文は殷商時期で形成され,記録された内容はほぼ当時の統治者がお祭りと狩猟の占いに関するものです。

 最初の甲骨文の構造が複雑の特性があり、一方骨が硬いので文字を刻みにくいでした。それを改善するため、甲骨文は骨が硬い特徴に従って変化しました。古い文字の複雑な図案が抽象的な点と線に代替され、甲骨文の筆画もまっすぐで細くなりました。内容について、相対的に簡単な物事の説明があり、複雑な事件の記述もあります。だから、甲骨文は成熟な文法を持っていることが分かりました。(続く)キーワード:東京 池袋 中国語教室 中国語 東京 池袋 中国語教室 中国語 東京 池袋 中国語教室 中国語 東京 池袋 中国語教室 中国語 東京 池袋 中国語教室 中国語 東京 池袋 中国語教室 中国語