メリークリスマス―圣诞节快乐!

    クリスマスが近づき、東京の街はクリスマスの雰囲気に満ち溢れている。池袋駅前のクリスマスツリー、お店のセールス看板がその例として挙げられる。皆様今年のクスリスマスはもう準備できたか?今日は我々中国語教室東京池袋校のOnly語学塾が皆さんにクリスマスについて少しお話をしよう。

 クリスマスはもともと欧米起源の祝日だが、それが少しずつアジアにも広まり、日本や中国では独自の文化が加わり、新しいクリスマスの祝い方へと変化してきた。日本では、人々はデパートでおいしそうなイチゴケーキを買い、家族や恋人と一緒に過ごす。また、ケンタッキーのフライドチキンを買い、みんなで食べることもある。

 欧米諸国のクリスマスの過ごし方は皆さんはよくご存じかもしれないが、中国では、日本と同様街のあちこちでお店はキャンペーンを行い、お店にとって,とても良いセールスのチャンスとなっている。中国でもお互いにプレゼントを贈る習慣はあり、りんごがよくプレゼントとして使われる。なぜなら、中国語でりんご「苹(píng)果(guǒ)」の発音は安全と平和に近いこともあり、りんごを贈ることにっよて新しい一年の幸せを相手に贈ることとなる。また、クリスマスイブを中国語では安全と平和の夜という呼び方をしており、店頭ではりんごが入ったプレゼントをよく見かける。

 しかし、中国では、クリスマスを祝う人は若い人が多く、家族よりも恋人と一緒に過ごすことも多い。

 今年のクスリスマスの過ごし方を決めましたか?

 恋人と一緒に東京タワーの下で新年の幸せを祈りながら過ごすか?家族と一緒においしいご飯を食べるか?映画館で新しいアメリカ映画、あるいは恋人とクスリスマスがテーマの映画を見るか色々あると思う。今日我々中国語教室東京池袋校から皆さんにクリスマスがテーマの映画、「ラブ アクチュアリー」をおすすめしたい。

 主人公は犯罪に関する小説家であり、妻が浮気し、彼はポルトガルに来た。ここで彼は家政婦を愛した。二人は言葉が通じないものの、お互いの気持ちを理解でき、彼は片言のポルトガル語でプロポーズをしたとき、彼女は英語で回答した。お互いは相手言語を勉強したのである。

 また、別の物語では、二人の子供を持つ女性についてである。夫が若くて美しい女性同僚に惹かれ、クリスマスに金のネックレスを買ったが、妻は自分へのプレゼントではないと気づいたものの、それについて知らないふりをしていた。最後に夫はそれに気づき、反省をしたが、妻はそれを許した。

 次の物語は、父親と可愛い息子の話である。息子のお母さんは亡くなり、父親と息子の間に心の隔たりがあった。息子の部屋には「keep out」のプレートを置いていた。息子はある女の子を好きになり、お父さんは息子に対して勇気を持って告白するように伝えた。最終的には息子は様々な困難を乗り越え、女の子と出会うことが出来、女の子は自分の名前を覚えていることにも気づいた。

 全部で10個の物語が交差し、自分の本当の愛を探す人々によってこの「ラブ アクチュアリー」という映画が構成された。皆さんも本当に愛する人といつまでも幸せに、クリスマスを祝うことができるでしょう。

 もちろん今年もOnly語学塾はいろんなクリスマスグッズで綺麗に飾り付けられている。皆様に沢山の幸せが訪れますように!Merry Christmas!

また、皆さんが中国文化に触れるように、我々東京池袋に所在する中国語教室では定期的にいろいろなイベントを企画しており、ご興味があれば、ぜひともご参加ください!