傘の由来

 傘は古代以来ずっと我々身近な物品でして、数百年来も形はほぼ変わっていません。今日は中国で伝わってきた傘に関する物語を話したいと思います。

 かつて傘がないときには、人々は外出するとしばしば日に照らされ雨に濡れていた。そのため、ある大工さんはさかんに頭を働かせた。彼の名前は魯班(ろはん)でした。古代中国の著名な工匠。魯般とも書く。春秋時代魯国の人で,奇巧の器具を制作して名高かったと伝える。

 彼は弟子と道に足休めの東屋(中国語:亭子)を作ったが、その東屋の一番上は尖っており、下は何本かの柱で支えていた。ある程度の距離ごとに一つの東屋を作った。やっと作り終えて、魯班は妻に言った。「この方法はなかなかいいだろう。太陽も遮るし、雨宿り(中国語:避雨)もできる。」

 しかし、妻は見て首を振って言った。足を少し休めるのはなかなか良いことですが、人はずっと東屋に座っていて、歩かないわけにはいきませんよ。

 妻の話を聞いた魯班は如何ともしがたくと思った。「なら、お前はよい考えがあるのかい?まさか一歩ごとに一つの東屋が必要というのではないだろうね。」妻はそれを聞いて、逆に本当によい考えが浮かんだ。

 彼女は家に帰って、まず竹で骨組みを作り、束ねて小さな東屋の形にして、さらに油紙を糊付けした。作り終えてから魯班の目の前に持ってきた。「これは一歩ごとに一つの東屋ではないかしら?軽くて精巧で、骨も動いて、使う時には押し開いて、要らない時は畳んでしまっておけるのよ。」

 魯班は見るや、驚きかつ喜んで、続けて言った。「いや、これは感心した!」

 伝わるところではこれが一番初めの傘であした。今では、傘のデザインは多様になったが、押し開くとやはり小さな東屋に似ていますね。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語