中国物産店に行ったら何を買えばいいのか?

 東京には中国物産店がいろいろあります。私たち中国語教室が池袋にいるので、先生たちは帰り道で常に池袋の中国物産店に行きます。知る限り、池袋の北口は中国物産店が二つあります。では、中国物産店に何がありますか。なぜ中国人は常に中国物産店に行きますか。

 私たち中国語教室の先生により、中国物産店は故郷の味を懐かしく思うときに中国の調味料などを買いに行くところです。

1火锅底料(中国語: huǒ guō dǐ liào)

 底料はスープの素という意味です。中国人が料理を作る時、調味料を適切に使う事は非常に大事ですが、クッキング初心者に対して、このような既成の調味料のおかけで大変助かりました。日本人の火鍋と違い、池袋の中国物産店にある四川火鍋の調味料は本当に激辛ですので、辛いものに目がない方へのお勧めです。中国の留学生は常にスーパーで食材を買って、火鍋に火锅底料を入れ、本当に手間をかけずに友達と一緒に故郷の味を賞味します。

2康师傅牛肉面(中国語:kāng shī fu niú ròu miàn )

 康师傅牛肉面は中国人の中で大人気なインスタントラーメンです。私たち中国語教室の先生はいずれもこのインスタントラーメンと一緒に成長しています。少し辛いですが、非常に美味しいです。

3皮蛋(中国語: pí dàn)

 皮蛋は外国人でもよく知られている中国料理の食材です。皮蛋が大好きな人に対して皮蛋は涼しく、美味しいものが、皮蛋の匂いに我慢できない人もある。私たち中国語教室のある先生は皮蛋肉粥が大好きです。池袋の中国物産店で皮蛋を買ってナイフで皮蛋を小さく切り、お肉も小さく切ってお湯に入れ煮込み、電気炊飯器でお粥ができたら、皮蛋を入れて塩も口に合わせるように掛けます。興味がある方はぜひ試してみてください。

4おやつ

 中国のおやつはいろいろあります。例えば、西瓜や向日葵の種を加工して中国の「瓜子」(中国語: guā zǐ)という伝統的な食品になってきました。お年越しになると、家に訪問する友達や親戚が多くて、「瓜子」を用意して彼らを招待する。今の瓜子は梅味や塩クリーム味やお茶の味等、たくさんあります。池袋の中華物産店で販売しているのはプレーンと塩クリーム味です。お店には中国からのお菓子がたくさん並んでおり、人気が高い凤梨酥や月餅等も見られます。

5醤(中国語: jiàng)

 東京には一人暮らしの人が数えないほどいます。忙しい毎日、一人暮らしの人に対してたぶん料理を作るのは非常に悩んでいることです。私たち中国語教室の先生はいつも様々な醤を買います。皆様の知っている豆板醬だけでなく、きのこや肉などの具材が入っている辛い醬もあります。そのまま食べられるので、ご飯、饅頭やヌードルの友だと見なされる。

 以上紹介した食品はすべて私たち中国語教室の先生がお勧めしたいものです、東京に住んでいる皆様はもし興味があったら、ぜひ池袋の中華物産店に行ってこれらの宝物を探してみてください!