中国人の苗字「百家姓」

 皆さんは中国人苗字の総称―「百家姓(ひゃっかせい)」を聞いたことがありますか。「百家姓」は中国の姓氏を記載する文章であり、「三字経」「千字文」と並び、古く時代から中国の三大幼児に漢字を手解きする伝統的な読み物です。歴史資料により、北宋の初期に書いたもので、当時宋の王様の姓は「趙」であったため、趙から始まりました。最初は411個姓氏を収集して、後は568個まで増加しました。そのなかで、单姓(一字の姓)は444個,复姓(二字以上の姓)は124個。それでは、今日は皆さんに「中国の百家姓」の知られざることを紹介していきたいと思い。

 「百家姓」は韻文の形式で書かれていて、4字を1句として偶数句末で韻を踏んでいます。編纂当時に「百家姓」には主要な姓をおおむね収めてはいるものの、その後歳月の流れにより、抜けている姓がますます多くなってきました。多くの時代の学者は欠けている姓を補おうとする試みが行われました。明の呉沈は1968姓に増やした「千家姓」を著した後に、厳揚帆(1981)「新編千家姓」では3107の姓を並べていました。もちろん現代中国人苗字の総数はこれよりもさらに多いと思います。

 それでは、「百家姓」という韻文を見ていきましょう。頭からの一部を抜き出しました。

 「赵钱孙李,周吴郑王。冯陈褚卫,蒋沈韩杨。朱秦尤许,何吕施张。孔曹严华,金魏陶姜。…」

 皆さんは知り合いの中国人の苗字は何番に出ていますか。

 日本人の苗字の由来に似ていて、中国人の苗字も住む場所、職業などからの由来が多いです、それ以外氏族、国、先祖の名前から一文字を取り苗字にしたことも珍しくありません。それでは、詳しく見ていきましょう。

 一、氏族のトーテムから

 たとえ「馬、龍、鳳、山、水、花、葉」などは、炎帝黄帝の時代から伝承し続けた氏族の姓氏です。先史の考証が難しくて、一体どのぐらいの姓氏は氏族トーテムから変形してきたのは知る由もありません。

 二、祖先の名前の中から

春秋戦国時代で、周灵王のある息子の名前は「王子年夫」,年夫的後人は「年」を取って姓氏を付けました。似ている姓氏は「牧、終、常、孔、廉、楽、皮、高」です。

 三、国名から

 代表的な姓氏は「宋、趙、呉、鄭、陳、衛、蒋、沈、韓、秦、許、呂、戚、謝、柏、章、潘、葛、范、彭、韋、苗、任、柳」など。

 四、職業と官職から

 たとえ「司徒」,太古時代の官職です。伝説によると尧、舜の時代から設立された,それから司徒を務める官員は司徒と名付けました。司徒以外、司空と司马もこいうことです。

 五、山、川の名前から

たとえ「喬」、黄帝の子孫の中で、陵墓を守る人は陵山の名―「橋」と名づけます。後人は木を除く、「喬」にすることだ。「姜」姓も同じように、昔、炎帝神農氏は姜水で住んでいた、彼の後人は河の名を取って、自分の苗字にしました。

 六、住むところの地名から

 たとえ「東郭」、郭は城の外囲いであり、斉桓公のある子孫は外囲いの東方面で住んでいた、「東郭先生」と呼ばれた。この子孫の後人は「東郭」と名付けた。類似の姓氏は「西门」、「东门」があります。

 七、生まれた時の異常現象から

 たとえ「武」、春秋戦国時代で、周乎王の息子を生まれた時、掌紋は篆書体の「武」を書いていたゆえに、周平王は「武」を姓氏として彼に授けた。

 八、名数、配列順序と干支から

 たとえ「万」、「丙」など。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語