中国カンフー

 中国のカンフーと言ったら、何を思い浮かべますか?90%の人は多分「ブルース・リー」と答えるでしょう。ブルース・リーのおかげで、中国のカンフーだけではなく、中国のカンフー映画も全世界で流行っています。今日、中国語教室東京池袋校のOnly語学塾は皆さんに「中国のカンフー」をテーマとして紹介させていただきます。

 文章および画像と比べって、動画は中国のカンフーの魅力を存分に表すことができます。それにいろいろな武道家のおかげで、中国のカンフー伝統の上に創新して、中国のカンフーはより素晴らしくなります。そのため、本文は中国の有名な武道家を紹介しながら中国のカンフーの一部を紹介します。同時に各々相関の映画をおすすめいたします。ぜひご鑑賞ください。先日、我々東京池袋に所在する中国語教室の生徒たちは、一緒にブルース・リーのカンフー映画を観賞しました。

霍元甲(フォ・ユェンジャア) 

 霍元甲は秘宗拳の代表的な武道家であります。秘宗拳は少林拳法の一派であり、燕青拳、迷蹤芸(迷踪芸)とも呼ばれています。秘宗拳の一部は無影拳と呼ばれることがあります。影がないようには早くて千変万化であることですから、無影拳と名付けられました。1909年、霍元甲は祖国を救うため、上海精武体操学校(上海精武体育会の前身)を創設して、家だけに伝わる秘宗拳を全国の若者に教えました。

 ジェット・リーによる主演するの『SPIRIT』(原題:霍元甲、2006年)は霍元甲の物語に関する映画です。それに、1980年代、人気なテレビドラマ「侠客霍元甲」もおすすめします。もし興味があれば、ぜひ私たち中国語教室と一緒に中国語を勉強しながらご鑑賞ください。

黄飛鴻(フアン・フェイホン)

 黄飛鴻は洪家拳の代表的な武道家であります。中国では、洪家拳のイメージは、正義の英雄がよく使っている挙であると言われています。それに、黄飛鴻の足技は無影脚と呼ばれます。無影脚は地面に影も落ちないぐらいに早い連続蹴りであることです。

 黄飛鴻の伝奇的な物語を題材としたカンフー映画は特にジェット・リー主演のアクション映画シリーズ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』及びジャッキー・チェン主演の『ドランクモンキー 酔拳』を勧めます。

葉問(イップ・マン)

 葉問は詠春拳の代表的な武道家であります。ブルース・リーは葉問のもとで詠春拳を学ぶことがありました。 1970年代にブルース・リーのカンフー映画が世界的にヒットしたことで、多くの人は詠春拳に対して興味を持つようになりました。今日では、詠春拳は、世界で練習者が一番多い中国武術の流派の一つと言えるでしょう。

 それに、詠春拳が欧米を中心に広く普及しているうちに、詠春拳をベースにした護身術及び総合格闘技の名称護身術EBMAS(Emin Boztepe Martial Arts System)が誕生しました。今、日本では、EBMASは大人気です。

 ウォン・カーウァイ監督によるトニー・レオン出演の映画「グランド・マスター(原題: 一代宗師)」(2013年)及びドニー・イェン主演の映画『イップ・マン 序章』や『イップ・マン 葉問』はイップ・マン(葉問)の物語を描いています。それにドニー・イェン主演の映画『イップ・マン 継承』は2017年4月22日日本公開予定。

 映画『イップ・マン 継承』はまもなく東京で公開されます。もしみんな様中国カンフーに対して興味を持っているなら、ぜひ東京池袋などでの映画館でご鑑賞ください。それにOnly語学塾の生徒さんたちはもし感想とかあれば、ぜひ聞かせてください。それに、皆さんが中国文化を触れるため、我々の東京池袋に所在する中国語教室ーOnly語学塾はいろんなイベントを頑張って企画しており、ご興味があれば、ぜひともご参加ください!