中国の端午節

 端午節は旧暦の5月5日(今年は5月30日)であり、春節と中秋節など並んでいる重要な祝日である。端午節は中国語で、「端五節」、「端陽節」、「重五節」、「重午節」や「女儿節」などとも呼ばれている。「端」と「午」は、この2つの文字が中国語で自分の意味を持ち、「端」ははじめの意味であり、「午」は一方で5と同じ発音なので、5月の意味である。また、中国古代の十二支順の推計では、「午」月も5月を指す。端午節は中国から起源であるが、今中国語圏の国で広く流行している。しかし、日本の5月5日が男の子のお祝いをする祝日であるが、中国の5月5日何のために祝うか?今日は中国端午節の由来と伝統的な習慣を簡単に紹介させていただきます。

端午節の由来

 実際に、端午節の由来はたくさん伝説物語が存在し、その中で、広く伝われた伝説は2つがある。まず一つ目の伝説をお話ししよう。古代南方の呉越の人々は自分自身が龍の子孫であると思っており、もちろん神獣の龍がトーテムとされていた。彼らは来年も気候が穏やかで順調で、天候に恵まれるように豊作を祈るために、毎年恒例の行事として龍と関連するお祭りを開催された。だから、端午節に2つの最も重要な活動「ちまき」と「ドラゴンボートレース」はともに龍と関連している。

 次二つ目の伝説は、中国古代の歴史人物を記念するために、端午節の行事を行う。屈原は中国戦国時代の楚の国における有名な政治家、詩人である。彼は、「嘆き」、「天国」、「九の歌」(中国語で、《离骚》、《天问》、《九歌》)や他の詩を書いて、ユニークなスタイルによって深い影響を残る。伝説によると、紀元前278で楚の国が侵略されて、それでも自分の故郷を捨てることを耐えできなかったので、汨羅江に投身した。その後、地元の人は汨羅江に沿って船を漕いで屈原の死体を探した。これは「ドラゴンボートレース」の由来である。同時に、魚が彼の体を食べることを恐れる人々は,このようなことを避けるようにちまきを作って、魚を食べさせた。

 伝統的な風習

 端午節の風習と言えば、「ちまきを食べる」と「ドラゴンボートレース」は頭に浮かぶことと当たり前である。ちまきは東京都内の中華料理で食べられるし、池袋駅の近くの中華物産店でも購入できる。「ドラゴンボートレース」は最初に屈原を助けるために船を出したという起源で、その後、中国の南方の人々は毎年ドラゴンボートの競漕が行われている。中国の北方には、南方より川が少ないので、「ドラゴンボートレース」似ている活動を開催されたこともある。また日本だと、東京池袋から遠くない横浜の中華街では獅子舞を舞わせることもあったそうです。

 中国の南北の違いといえば、毎年南北方の人々は「粽は甘口か塩辛口か?」についてネットで激しい論争を行う。習慣により北方は甘口のちまきをよく食べており、南方の人々の中には塩辛口のちまき(例えば、中身はお肉や黄身などの食材が入るちまき)が一番人気である。さって、あなたはどちらが好きですか。先紹介した東京池袋の物産店で買える粽はほとんど甘口のものです。

 「ちまきを食べる」と「ドラゴンボートレース」以外には、艾蒿(中国語の発音:アイハウ)の束を作って戸口に飾る風習も、広く行なわれている。艾蒿は古代から中国の薬用植物として使うものであり、自身は病気を治す効果がある。だから、艾蒿は病気、災厄や悪魔を取り除くことができると信じられ、家族の健康を祈願する習慣もある。これは節分の日になると東京池袋だけではなく、全日本のスーパで家にまく用の豆が取り扱われていて、災厄や悪魔を取り除く観点から、これはだいたい同じ文化ですね。

 

 また、「五色縄を結ぶ」も風習の一つであり、「五色縄」は黒、白、赤、緑、黄色の5種類細い絹の糸に撚りをかけたものである。そういえば、近年こういう手作り風のアクセサリーは流行っていますね、東京池袋のアクセサリー店舗でしょっちゅう見かけたりしています。端午節の当日、女の子の腕と首に「五色縄」をつけて、端午節の後の初雨の時、この「五色縄」を切って捨てる。年长者は「五色縄を結ぶ」が子供の寿命を延ばすことができると信じている。この習慣によると、端午節は「女儿節」とも呼ばれる。

 我々の中国語教室はいつも中国の伝統的な節日に関するイベントとか活動を行うので、皆さまはもし中国の伝統的な文化興味がございましたら、ぜひOnly語学塾にお越しください。