中国の校服

 「uniform」は中国語で「校服」と言います。大学に入る前に、平日で中国の学生は校服を着て学校で勉強します。学生時代の私は校服がダサいと思っていて、あんまり好きではありまでした。でも、今の私にとって校服は学生時代思い出を乗せて、私の成長も見守ってくれた大切なものです。今、出かけの前に、いつも着装の選びについて迷って迷って、なかなか決められません。高校の時、着装は一瞬で決まりました。原因は分かりやすい!校服以外の選択がないからです。(笑)

   今の校服は以前の物と比べるとだいぶ違っており、時代の移り変わりと伴って中国の校服も異なります。

  辛亥革命から前世紀二十年代まで、初めての制服式の校服が出現しました。下の写真は中国有名な文学家・建築家である林徽因(右一)と従妹の写真です。

 特に女性校服の出現は当時社会進歩の象徴であり、前世紀三十年代から四十年代まで、満族と漢族の特徴を融合して、改良されたチャイナドレスが人気になりました。多数の名門校は改良されたチャイナドレスを女性校服にしていました。

 五十年代の時、校服は特定な様式がなく、白いシャツと深い色のズボン(スカート)が一般的です。(写真無し)

 六十年代から七十年代まで、文化大革命の原因で学生は緑の軍装を着ており、六十年代の中国は不安定な状況に陥って、学校での授業も正常に行うことができなくなるので、その時の着装は校服とは言えません。ですから、「校服」という概念も消えてしましました。

 八十年代から、正式的な校服がやっと復活できて、海軍風の白いシャツと水色のズボン(スカート)が校服になりました。

 九十年代から、運動服のような校服が全国範囲で出現!!!校服は主に白色、青色、赤色、緑色の四つの色があります。

 外観は小麦粉のポケットと似ていて、一言では言い尽くせないほどダサいと思いますが、このデザインは「学生の団体精神を育てる、団体の栄誉感を強化する」効果があると言われました。中国所得の格差が大きく、貧困な家庭の所得は非常に少ないですので、校服を設計する時、校服に支出する費用をできるだけ抑えるということを考慮に入れました。成長期の学生は服のサイズを交換する頻度が高く、校服の交換費用を減少するために、服を大きめにしました。ですから、だぶだぶな校服で学校に通う学生がよく見られます。校服の功能が多く、勉強、休む、運動の時に関わらず、校服が学校の日常生活に全部適用されます。そして少し防水性があり、雨の日に雨合羽として使っても大丈夫です。

 今、校服はファッション界に入りました。特に欧米の人は校服の気持ちよい着用感と便利性に気に入ります。我々の中国語教室――Only語学塾が所在している池袋の周辺で、特に南池袋公園でよくおしゃれな運動服を着ている若者たちを見ており、本当に以前の学生時代が懐かしいと思っています。校服が懐かしく思う80年代生まれの中国人は、それを新しいビジネスチャンスを狙い合って、80年代学園風のテーマレストランや喫茶店等の飲食店が続々と登場しています。店内の内装は学校教室の真似をして、店員さんたちは校服を着てサービスを提供しています。

どうですか?一度体験してみませんか。

キーワード:東京、池袋、中国語、中国語教室、東京、池袋、中国語、中国語教室、東京、池袋、中国語、中国語教室、東京、池袋、中国語、中国語教室、東京、池袋、中国語、中国語教室、東京、池袋、中国語、中国語教室