中国の大学入試センター試験――高考

  皆さんは日本の大学の共通入学試験が大学入試センター試験と呼ばれていることが知っているはずです。中国でも全国の範囲内に行われる大学統一入学試験もあって、高考(中国語:gāo kǎo)と呼ばれています。われわれ東京池袋の中国語教室―Only語学塾の中国語先生たちはもちろん高考を参加したことがあります。今日Only語学塾は皆さんに中国のセンター試験――高考について紹介させていただきます。

  中国の学生たちは高考が「運命にかかる試験」と見なし、高校三年目は丸一年をかけてこの試験を必死に準備しています。この一年間、学生たちは数えないほどの問題集と過去問を完成し、いい大学を合格するために毎日精一杯勉強しています。中国で毎年高考を参加する学生は1000万人を上回り、競争がかなり激しいし、学生たちの圧力も生半可ではありません。

  しかし、中国若者たちに『君の青春記憶の中で、もっとも熱血の時期はいつですか?』と聞いてみたら、たぶん三分の二の人は『高考の時期かな』と答えます。しんどくても、高校時代で仲間たちと肩を並べて戦い、一緒に泣いて、笑って、お互いに励んで、頑張って、これは何よりも大切な思い出だと思います。そして、夢を叶えるため、自分の力をつくすことは、人生一番の幸せじゃないですか。

  日本にはある大学は大学個別入試がありますが、中国は日本と違ってこう言うような個別入試がほぼありません。ですから、高考は人生が決まる試験だといっても過言ではありません。高考に対して学生さん一人だけの戦いではありませんが、彼らの両親にとっても大きな挑戦だと思います。

  この一年間、親は受験生の学習状況や体調にいつも高い関心を持っており、いろいろな面倒を見ており、毎日工夫して脳にいい食事を作ってあげ、栄養バランスにとても気を配っています。入試当日、親たちは常に受験生よりもっと緊張し、受験生の入場の見送るだけではなく、試験場の入り口で試験終わるまでにずっと立てまま待ちます(下の図はまさにこの場面です)。高考はいつも毎年の六月で行うので、天気はとても暑い場合もあります。だから毎年高考の数日間、熱中症になった親たちも大勢にいます。

  高考は中学時代の終結を代表するだけでなく、人生の新しい段階の始まりです。われわれ東京池袋のOnly語学塾の中国語先生たちもその青春と希望に満ちた時間に懐かしいと感じます。皆さんは大学センター試験に対するどのような思い出がありますか?

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語