中国の伝統音楽の歴史

  中国の伝統音楽は、出土した文物の考証に基づけば、約5千年以前の原始氏族社会に歌舞と歌曲として誕生したとされる。 すなわち商周時代にはすでに比較的発達した音楽文化があったことになり、西周時期には記録されている楽器が70種余りにも達している。

  1978年5月湖北随県で戦国初期の古墳が発掘され、珍しい楽器が124個も発見された。その中には青銅で製造された編鐘があり、それぞれ大きさが違って12個の音調を出すことができ、音域は5~8度にまたがる。編鐘で演奏した音楽は美しく感動的だった。この編鐘は古代中国の楽器製造がすでに非常に高い水準に到達していたことを説明する。この他にも≪詩経≫ の中の”風” “雅” “頌”は事実上皆周の時代の楽曲歌詞で、その楽曲は宮廷と祭事に使われた民族音楽である。 このことから当時中国では音楽がすでに流行したということが分かる。

  周の時代から漢の時代までは中央から地方に至るまで民間音楽を専門的に収集し整理する機関を設置した。これはのちに現在に至るまでの中国の伝統音楽の保存と発展に重要な影響を及ぼした。

  唐の時代には中国の歌舞芸術が最も繁栄を享受し、当時、国内の各民族の音楽交流が頻繁だったため、日本、インド、韓国、東南アジア等の音楽も絶えず中国に流入して中国の民族音楽文化を非常に豊かにした。民間音楽でも宮廷音楽でも皆非常に盛んで文献上の記録に見える楽曲名称だけでも数百種余りもなる。例を挙げれば有名な大曲≪霓裳羽衣の曲≫は、体制が膨大かつ構成が複雑で、声(声)楽(音楽)舞が結びついたことにより、当時の宮廷音楽の芸術的成就が非常に高いことを物語っている。

  宋元の時期には、都市貿易の中心の”瓦舎” と”勾欄”は民間の各種音楽芸人らが集まった場所で市民階層の通俗音楽芸術を発展させるのに比較的良好な環境と条件を提供した。したがってこの時期には芸術歌曲と故事人物の説唱を特徴とする公演芸術が急速に発展した。芸人らは市民らが好む多くの説唱楽曲を創作した。これと同時に一部専門芸人と芸術団体は隋唐の散楽と百戯の伝統を発展させて、古辞、人物、説唱、歌舞、楽器を結合して新しい芸術領域の雑劇を繁栄に導き、戯曲音楽の発展を促進させた。

  明清の時代では、基礎の上で多様な民間音楽が興起した。特に芸術家曲説唱音楽と戯曲音楽の発展は民間(少数民族を含む)歌舞と器楽合奏の繁栄を促進させた。近代社会に入った以後にも伝統音楽はずっと発展したが新しい時代の特徴が出現した。すなわち民家説唱、戯曲、器楽、歌舞などの音楽形式が明清時期よりも一層大衆化していった。数多くの新しい楽種と新しい曲種、新しい劇種がひきつづき興起して、かつてなかった大規模な音楽が全国的に流行し、更に発展して、中国音楽界は活気に溢れていた。

  中華人民共和国成立以後には政府の強力な支援下で音楽芸術事業は旺盛に発展した。音楽創作方面では制裁が幅広くて形式が多様で優秀な作品が数えきれない程現れた。音楽公演方面では歌唱団、歌舞団、管楽隊、民族楽隊が普遍的に設立されて優秀な作曲家、歌手、演奏家、指揮者らが大量で輩出されてきた。専門音楽団体の他にも大衆的な音楽活動も非常に活発となった。

 

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語