中国の人気ワンちゃん

  近年、柴犬と秋田犬などの日本犬が海外で大人気になって、中国でもより多い人々は日本犬を飼育しています。日本の動物写真家——岩合光昭さんが撮った柴犬の写真集も、海外の人に日本犬の魅力を伝えました。

  われわれ東京池袋の中国語教室―Only語学塾の中国語先生たちは、日本犬だけではなく、中国のワンちゃんも大好きだから、今日は皆さまに中国でもっとも有名な五つ犬種を紹介したいと思います。

1.京巴犬(ジンバー)

  京巴犬(あるいはペキニーズ)は中国原産の犬種で、中国の歴代王朝から宮廷で門外不出とされ、愛玩犬として飼育・改良されていました。体高は20~30cm、体重は5~6㎏、すごく愛嬌がある小型犬です。毛の色はだいだい白い色で、黒いとブラウンもあります。京巴犬にとって運動はそれほど必要ではなく、アパートなどの狭い部屋での飼育にぴったりの犬種ですから、ペットとしてすごく人気があります。

2鬆獅犬チャウチャウ

  鬆獅犬(あるいはチャウ・チャウ)は中国華北原産の犬種です。鬆獅犬は秋田の親戚で、外見も何となく似っているけど、鬆獅犬は「青舌」という珍しい特徴があります。体高は平均オスが45~56cm、体重は25~27kgの性格穏和で物静かな中型犬です。現在鬆獅犬は中国から世界各地に輸出されていて、愛玩犬として広く好かれています。値段はおよそ15~30万円ぐらいで販売も行われています。

3.中華田園犬

  中華田園犬はよく見る中国原産の犬で、または「土狗」と呼びます。「土狗」は地元の犬の意味で、都市に比べると田舎で中華田園犬を飼っている人が多いです。中華田園犬は地味でも、外見は柴犬と似ていてすごく可愛くて、愛嬌があります。しかし、中華田園犬は日本の柴犬の親戚だけど、「血統の規格化」が進んでいないから、外見や性格が個体によってバラバラで、犬種としての安定した特徴がないです。

4.西施犬(シーズー)

  西施犬(あるいはシーズー、「獅子犬」)は中国でラサ・アプソとペキニーズを掛け合わせて作った小型犬で、清朝末期の主に宮廷や貴人達の間で飼われていた犬で、現在は中国の普通家庭もペットとして飼育しています。体高は20~30cm、体重は5~8kg前後、毛の色は茶、或いは黒と白との2色の個体が多いが、どんな毛色も認められています。散歩は毎日行うのが好ましい、元気で性格は活発だから、楽しい毎日を過ごすようです。

5.藏獒(Zàng áo)

  藏獒(あるいはチベタン・マスティフ)は中国チベット高原を原産地とする超大型犬です。藏獒の体重は64~82kg、寿命は10~16年、毛の色からは主に黒色、赤毛、金黒です。特徴は主人への忠誠心が強く、外敵に対しては勇敢に戦う犬種ですから、番犬、護衛犬、猟犬に優れています。藏獒の体型が大きいだけではなく、首周りの毛も長いですから、獅子に似っているとよく言われています。この犬も世界で認められる最も古いそして珍しい犬種です。

ーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語