中国のシェアサイクル

 公共交通機関の「ラストマイル」問題は多くの都市交通システムにとって問題であった。 北京、上海などの第一層都市では、特にこういう問題が顕著である。 例えば、地下鉄駅から目的地までの距離が遠い場合、通勤者はどうすればいいのか。シェアサイクル(中国語で、共享单车)はこの問題の解決策として1、2年間で急速に人気を高めている。また、近年の中国政府では、環境保護がますます重視されて、積極的に低炭素化を促進している。そのため、シェアサイクルの事業も中国政府によって支援されている。

    もう一方で、Wechat(中国語で、微信)、Alipay(中国語で、支付宝)など電子マネーの普及し始めて、シェアサイクルの発展に良いきっかけを与えた。今、以上の電子マネーは日本のたくさんデーパトでも使えられる。東京の池袋でも、東武百貨店や西​​武百貨店などの店内でWeChatとAlipayの支払いロゴがよく見られる。

 現在、シェアサイクルのプロジェクトはMobikeとofo二つ会社は代表者として、より多くの企業がこの市場に参入した。今、Mobike会社はクラシック版(中国語で、经典版)とライト版(中国語で、轻骑版)2種類のシェアサイクルを提供しており、クラシック版はライト版よりバイクのデザインが美しくて、時間割の料金も高い(大体、30分間20円)。ところが、両方ともベル、GPS測位システム、スマートロック機能が装備されている。一般的には、利用者はスマートフォンで最寄りのシェアサイクルを検索してQRコードで解錠して使う。

    シェアサイクルを使い終わったら、スマートフォンで支払うことができる。しかもこのバイクは指定された駐輪場に駐車する必要はない。使用料金を支払える携帯電話があれば、自転車シェアのサービスが使えるということだろうか?いいえ、違うよ。利用する前に4000円ほどの敷金を払う必要がある。使わなくなった時に全額返金してもらうことができる。このように便利で安い自転車シェアは羨ましいと思いませんか?Mobike会社はもう北海道・札幌市で事業を展開している。もしかしたら、東京池袋付近でもすぐに見かけるようになるかもしれない。

 しかし、中国のシェアサイクルも多くの問題に直面している。一方で、ますます多くの企業が市場に参入するので、供給余剰は悪意のある低コストの競争につながる。

 利益モデルを共有することは明らかではなく、資金多くの中小企業は徐々に破産した。また、シェアサイクルは指定された駐輪場を持たないので、ランダムな駐車は深刻な社会問題になっており、政府にとって新しい課題をもたらした。長所と短所の両方を持つシェアサイクルは将来どのように発展するか,私たちは期待を込めて待っている。