修仙

  本日は、“修仙” という中国若者の人気言葉をご紹介します。

  “修仙”は中国の古代に由来しています。過去には、輝かしい成果を収めた皇帝たちが、人生の晩年には、支配したこの国に未練を残していました。だから自分の寿命を延ばしたいです。中国の古代の民間伝説では、天には多くの神仙が住んでいます。彼らは無限の寿命を持っています。そのため、皇帝は修行を通じて仙人になりたいと考えています。このような行為は “修仙”と呼ばれています。

 しかし、今の若者は夜更かしを「修仙」と呼んでいます。夜更かしが多すぎて急死するというニュースがよくあります。また、夜更かしをして翌日の朝は頭がくらくらするのが普通です。若者はこの感覚を「羽化登仙」と呼んでいます。また、夜更かし時間の長さによってクラス分けもあります。たとえば前日の夜から翌日の昼まで夜更かした人は“大仙”と呼ばれています。

 実は “修仙”は不健康な生活様式です。今中国の若者は夜更かしが多いので、健康問題を引き起こしています。学業は重くて、仕事のストレスが大きいですが、健康のために、早寝早起きをして、規則正しい生活をしたほうがいいと思われています。