ボタン(牡丹)

 中国花卉協会は「投票:私の心の中の国花」というアンケート調査を行い、中国の国花に対する意見を国民に求めました。その結果、362264の投票のなか、牡丹は一位を取り、得票数が79.71%に達しました。

 中国人の牡丹に対する愛は唐代にさかのぼれます。その時から、古人たちは牡丹に深い興味を持ってきました。

 隋代、牡丹の栽培量と範囲が徐々に拡大し始まりました。当時の皇室庭園と貴族達の高い花園ではすでに牡丹の栽培を始めました。

 唐の時代に劉禹錫は “庭前芍药妖无格,池上芙蕖净少情。唯有牡丹真国色,花开时节动京城”というに詩があります。この詩を日本語に訳すと、「庭の前でシャクヤクの妖怪は格がなくて、池の上で芙蕖はいつも少し情が薄い。牡丹だけが国色で、花が咲く時は都に行く」という意味があります。

 牡丹の栽培は河洛から源を発し、今まで千六百年以上の歴史を持っています。漢の時代に『柏郷県誌』という作品に、劉秀が弥陀寺の牡丹の花の間に隠れて、王莽大将王朗軍の追っ手を避けたと記載されています。劉秀は帝を称えた後、「漢牡丹」と名づけられました。

 宋代、牡丹の栽培センターは長安から洛陽に移動し、栽培技術は更に系統的で完璧であり、牡丹の研究に対して大きな向上があり、いくつかの理論専門書が現れました。この中に欧陽修の「洛陽牡丹記」があります。

 中華人民共和国が成立した後、牡丹の栽培業は回復と発展を遂げました。特に改革開放以来、各地で牡丹の栽培数が増加し、栽培技術は年々向上しています。洛陽、荷澤などでは相次いで牡丹専門の科学研究機関が設立されました。先人の栽培管理に基づいて、牡丹の栽培技術はまた新たな発展を遂げました。

キーワード:東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語、東京、池袋、中国語教室、中国語