「社会性死亡」

 「社会性死亡」はもともと、ネット上の暴力を経験した後、社会的交流を遮断され、社会的評価を捨てられた個人の窮状を表す同義語でした。

 現在の「社会性死亡」とは、インターネット上の流行語で、自分の気まずいところを公にして、さらに気まずくなることを意味します。それは「社会性死亡」と呼ばれるもので、別のインターネット流行語である「公開処刑」に近いものです。それは、あまりにも屈辱的で、ただ隙間から入ってきてほしいと思うぐらいの程度です。例えば、新型ウイルスの影響で、多くの学校が遠隔授業を行うようになったり、多くの企業が自宅で仕事をするようになったりしています。会議や授業でミーティングアプリを使っている人がいると、誰にも聞こえていないと思って、音を消し忘れて大声で歌を歌ってしまうとか、カメラを切り忘れて、誰も見ていないと思って変な顔や仕草をしてしまうとか、恥ずかしい姿を目撃されることは、「社会性死亡」と言えます。

 また、「社会性死亡」に関連する流行語として、「3LDKを足の指で掘る」があります。

 「3LDKを足の指で掘る」という言葉は、恥ずかしいという感情を生々しく、誇張して表現しています。恥ずかしいときには足の指が丸くなり、床をつまむような動きをすることから、ネットユーザーの間では次第に「恥ずかしい」という意味で「足の指で掘る」が使われるようになりました。その後、気が狂うほどの恥ずかしさや羞恥心を表現するために、足の指を使って床をほじるという比喩が生まれました。足の指で3LDK、一戸建て、プールハウス、バービーの夢の城、ベルサイユ宮殿、紫禁城、ユーラシア大陸、宇宙を掘るなどの言葉も誕生しました。